物がある家を売る方法!不用品は処分してから売却しよう

物がある家を売る

「家具や家財といった物を残すことで、家の価値が高くなるのでは?」と考える人もいるでしょう。

しかし、物が残っている家は、そのままでは売却できないことが一般的です。売却前に不用品などの残置物を処分する必要があります。

物が残っているからといって、家の売却価格に上乗せされることはなく、散乱としていることから内覧時の印象が悪くなるだけです。

ただし、物が残ったままでも売却できた事例もあります。

そのため、物が残った家が売れるかはケースバイケースといえるでしょう。家の売却を考えたら、まずは買取業者にそのまま売れないか相談してみるとよいです。

>>【相談無料】物が残った家でも買取可能な業者はこちら

物が残ったままの家は基本的に売却できない

「家具や家財を残しておけば、家の価格にプラスして売れるのではないか」と考える人もいるかもしれません。

しかし、基本的には物が残ったままの家は売却できません。

多くの人が自分で購入した家具や家財を使いたいと考えており、中古の家具や家財を不衛生だと考える人もいます。

たとえ売却時に「無料で家具・家財を譲ります」と伝えても、処分する手間がかかるので、買主にとっては困るだけです。

買主から希望があった場合を除き、家具や家財などの不用品はすべて撤去するようにしましょう。

物を残しても家の売却価格には上乗せされない

家の売却時に、査定の対象となるのは家自体のみです。

物を家に残すことで、売却価格が上乗せされて決められることはありません。

例えば「この食器棚は20万円で購入したものなので、家の価格とあわせてその分も価格を上げてください」と伝えると、物件の取引そのものをキャンセルされてしまうでしょう。

もしも、高価な家財道具やブランド物が多く残っているのなら、値上げできる可能性もありますが、一般的な家具・家財を残すことで売却価格が上乗せされることはありません。

家に物を残しておいても内覧時の印象が悪くなるだけ

物件を売却する際は、内覧をおこなうケースがほとんどです。

もしも、内覧時に家具などの物が多く残っていると、買主に悪い印象を与えてしまいます。

買主は物が残っていない前提で家の購入を検討しているため、内覧時にはできるだけ物を減らすべきです。

まだ売り出し中の家に住んでいる場合は、最低限の家具を残す必要はありますが、できるだけ物は減らしておきましょう。

また内覧時に残置物を処分しておけば、室内を広く見せられるため、買主への印象も良くなるでしょう。

解体・更地にしてから売る場合も物は売主が処分する必要がある

家を解体する場合、家具・家財などの物が残っていると解体業者が作業をおこなえません。

家の解体をおこなう際、廃棄物は「産業廃棄物」と「一般廃棄物」にわけられますが、一般廃棄物に分類される家具・家財は、基本的に解体工事会社では処分できません。

そのため、家を解体してから売却する場合でも、解体業者ではなく売主自身で物を処分しなければなりません。

解体工事を依頼する日までに、家にある家具・家財は処分しておきましょう。

物が残っていても家を売却できた事例と注意点

これまで説明した通り、物を残したままの物件は基本的に売却できません。

しかし、買主との交渉によっては物を残したまま、家を売れるケースもあります。

以下のような家具・家電であれば、家とセットで売れる可能性があります。

  • タンス、食器棚などの大型家具
  • エアコン、照明などの壁に埋められている家電

ただし、物を残したまま家を売れるケースでも、物の価値が売却価格に上乗せされることはありません。

この項目では、物が残ったままでも家を売却できた事例を紹介します。

大型の家具が残ったまま売却できた事例

Aさんは家具・家財が残っている物件を売却することにしました。

テレビや冷蔵庫などの家電は容易に処分できましたが、壁に固定されている食器棚は処分が少々面倒でした。

そこで「食器棚が残っているが、処分した方がよいか?」を買主へ相談したのです。

その結果、食器棚が綺麗な状態で管理されていたおかげで、買主も「そのままで構わない」と了承したので、そのまま家を引渡すことになりました。

買主側としても、食器棚を購入せずに済んだため、お互いに満足のいく結果となりました。

エアコン・照明が残ったまま売却できた事例

Bさんは相続した物件をそのまま売却しようと考えました。

ほとんどの家具・家財は価値がなかったため処分しましたが、照明やエアコンは壁に埋め込まれているため、取外しが困難でした。

そのことを不動産業者に相談すると「そのままでも売却できる」とアドバイスを受けました。

照明やエアコンを設置するには、費用や手間がかかるため、残しておいてもメリットに感じる買主もいるのです。

売却前にエアコンのクリーニングをおこない、綺麗にしてから売却することで、買主にも喜ばれる結果となりました。

物を残す場合は「契約不適合責任」に注意しよう

事例のように、取外しにくい大型家具や、エアコン・照明といった壁に埋められている設備であれば、物件に残したまま売却できる可能性があります。

ただし、物を残したまま売却する場合は「契約不適合責任」に注意しましょう。

契約不適合責任とは、品質不良や数量不足などの不備があった際に、売主が買主に対して負うべき責任のことです。

残置物が故障していたり不具合がある場合、それを告知せずにいると、契約不適合責任を負わねばなりません。

もし買主から訴えられてしまうと、損害賠償請求に発展して、裁判になる恐れもあります。

物を残したまま家を売る場合、残置物の状態について、しっかり買主へ説明しましょう。

家を売る前に不用品は処分するのがおすすめ

これまで説明した通り、基本的に物を残したまま家を売ることはむずかしいです。

ですので、不用品が残っている家を売却する場合、不用品は事前に処分しておくことをおすすめします。

不用品を処分するには、以下のような方法があります。

  • フリマアプリやオークションサイトへ売却する
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • 回収業者へ依頼して処分してもらう

それぞれ詳しく見ていきましょう。

フリマアプリやオークションサイトで売却する

不用品に実用的なものがある場合、ネットオークションやフリマアプリで売却できないか検討してみましょう。

自分にとっては不用な物だったとしても、高く値段がつく可能性もあります。

ただし、ネットオークションやフリマアプリの場合は、発送作業や購入者と取引をおこなう必要があります。

面倒だったり手間がかかる場合は、一括で処分する方がよいかもしれません。

また、ネットオークションやフリマアプリへ出品しても、必ず売れるわけではない点にも注意しましょう。

リサイクルショップに買取してもらう

フリマアプリやオークションサイトで売却できない不用品は、リサイクルショップに買取してもらいましょう。

廃品回収や粗大ごみとして処分する場合は、お金を支払う必要がありますが、リサイクルショップなら不用品を買取してもらえます。

とくに、骨董品や家具などは買取してもらえる可能性が高いです。

ただし、汚れていたり古すぎる物は、値段がつかず買取拒否されることも多いので、他の方法で処分する必要があります。

売却できない不用品は回収業者へ依頼して処分しよう

フリマアプリやオークションサイト、リサイクルショップでも売却できない場合、残地物を処分する必要があります。

家具・家財道具を処分するには、専門の回収業者へ依頼するとよいです。

不用品処理の回収業者であれば、家からの運搬から処分までまとめて依頼できます。

回収業者に依頼する際は、複数の業者に見積もり依頼して、もっとも条件のよい業者を選ぶとよいでしょう。

不用品の処分にかかる費用相場は約12~50万円

家にある不用品をすべて処分する場合、かかる費用の相場は以下のとおりです。


一軒家の不用品処分にかかる費用相場
間取り 値段
1R・1K 30,000円~80,000円
1DK 50,000円~120,000円
1LDK 70,000円~200,000円
2DK 90,000円~250,000円
2LDK 120,000円~300,000円
3DK 150,000円~400,000円
3LDK 170,000円~500,000円

家の大きさや処分する物にもよりますが、不用品の処分にかかる費用は15~50万円程度が相場です。

処分する物品を減らせば、処分にかかる費用も少なくて済むので、オークションサイト・フリマアプリ・リサイクルショップへ売却して、なるべく不用品を減らしてから処分するとよいでしょう。

まとめ

この記事では、物が残っている物件を売却する方法を紹介しました。

基本的に物が残ったままの家は売却がむずかしく、不用品を処分してから売却する必要があります。

ただし、食器棚やタンスなど「大型の家具」や、エアコンや照明など「建物の設備」であれば、家に残したまま売却できる可能性があります。

また売却できるケースでも「契約不適合責任」に注意して、物件に残っている設備について、故障の有無などを正しく把握しなければなりません。

とはいえ、物を残したまま家を売却できるケースは少ないため、基本的に家具や家財は処分するべきです。

不用品が残っている場合、ネットオークションやリサイクルショップなどに売却して、現金化する方法をおすすめします。

物がある家の売却でよくある質問

相続した家に不用品が残っているけど、まとめて売却できないの?

家を売るときは、多くの人が自分で購入した家具や家財を使いたいと考えているため、原則的に残置物などの不用品を処分する必要があります。

物を残しておいたら、売却価格はあがる?

家の売却時に、査定の対象となるのは家自体のみです。物を家に残すことで、売却価格が上乗せされて決められることはありません。家に物を残しておいても内覧時の印象が悪くなるだけなので、注意しましょう。

物を残したままだと、家の売却は難しい?

買主との交渉によっては、物が残ったままでも売却できる可能性があります。「タンス・食器棚などの大型家具」「エアコン・照明などの壁に埋められている家電」が残っているなら、買主と交渉してみましょう。

不用品の処分が必要なら、費用はどれくらいかかるの?

家具・家財道具を処分するには、専門の回収業者へ依頼するとよいです。そして、一軒家の不用品処分にかかる費用相場は「12~50万円」です。

家に残っている物は捨てるしかない?

不用品を処分すれば手間なく家を売却できます。また、家具や家電などの不用品が売却できる場合は、フリマアプリやリサイクルショップに売却することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です