あなたの共有持分だけを売却できる!共有持分専門の買取業者はこちら>>

不動産はお盆明けに売却すべき?すぐに売却するための準備も解説します

お盆明け 不動産 売却

不動産を売却するなら、お盆明けのタイミングがおすすめです。

売りに出される物件が増え、不動産売買が活発になることから、お盆明けに不動産を手放すことで、スムーズに売却できます。

お盆明けにスムーズな売却を実現するには、お盆中もしくはお盆前からの売却準備が大切です。家族間での話し合いや、不用品の処理をお盆中におこなっておくと、休み明けからスムーズに不動産を売却できます。

また、お盆明けの不動産売却を検討しているなら、おおよその不動産売却価格を知っておくことが大切です。売却価格を知っておくことで、家族間での話し合いでも売却同意が得られやすいです。

お盆明けの不動産売却を検討しているなら、まずは以下のフォームから査定を受けてみましょう。

>>【最短12時間で査定可能】不動産査定フォームはこちら

不動産を売るならお盆明けがおすすめ!

お盆に帰省し、家族や親戚と一堂に会する人は多いでしょう。

そのため、お盆は不動産の売却について、家族間で相談するよい機会だといえます。家族間での合意に至れば、お盆明けすぐに不動産を売りにだせます。

不動産の価値が下がる前に手放せば、高値で不動産を売却できるでしょう。

不動産を売却するなら、お盆明けは絶好のタイミングといえます。

お盆明けは不動産の需要が高まるため、高値で売却できる可能性も高いです。

不動産の価値が下がる前に手放せば高値で売却できる

物件は建築されてから時間が経つほど老朽化していきます。不動産の売却時には、老朽化した物件の価値は低くなり、売却価格が下がることに注意が必要です。

また、国税庁が定めた「耐用年数」によって、建物の価値が定められています。


構造 耐用年数
木造 22年
鉄骨鉄筋コンクリート 47年
れんが造・石造・ブロック造のもの 38年

例えば、木造住宅は建築から22年経てば、住宅の価値はほとんどゼロになります。売却する際には、土地の価値だけをもとに売却額が決められることを覚えておきましょう。

「耐用年数を過ぎたから、居住できなくなる」わけではありませんが、売却時には家の価値はゼロとみなされます。

そこで、不動産の価値がゼロになる前に手放せば、結果として高値で売却可能です。

まずは、不動産会社に査定を依頼し、売却を検討している不動産の価格を把握するとよいでしょう。

お盆明けは売りに出される物件が増え不動産の需要も高まる

多くの不動産会社がお盆休みをとっているため、お盆中に不動産売却をすることは困難です。営業している不動産会社があったとしても、お盆中に買主を探すことはむずかしいため、基本的に不動産は売却できません。

ですが、お盆休み明けの8月中旬からは不動産売買が活発になるタイミングです。

お盆中に家族間で売却の準備を進めていた人や、不動産売買が活発になるタイミングを狙って手続きを進めていた人など、さまざまな人が不動産を売りに出します。

買主にとっても、不動産売買が活発になるお盆明けは不動産を購入するチャンスです。

つまり、お盆明けは売りに出される物件が増え、不動産の需要が高まります。

お盆中は不動産会社も営業していない

お盆に入ると、多くの不動産会社が夏季休暇として休業します。

また、ほとんどの不動産会社は不動産売買時にレインズ(不動産流通標準情報システム)を活用しています。

ですが、レインズもお盆期間に入ると休止されるため、不動産会社であってもお盆中は不動産の情報を確認できません。

これらのことから、お盆中に不動産売却をすることは困難といえます。

参照:レインズホームページ

お盆明けにすぐ売却手続きへ移るために準備すべきことは?

これまで説明した通り、お盆明けは不動産売買が活発になります。お盆明けに不動産を売り出せば、高く、素早く売却できるでしょう。

そして、お盆明けに不動産をスムーズに売るためには、お盆中もしくはお盆前から、売却準備を進めておくことが大切です。

お盆明けの不動産売却

お盆明けからスムーズに不動産売却をするには、下記3つの事前準備をしておきましょう。

  1. お盆前に不動産査定をしておく
  2. 家族と不動産売却について話し合っておく
  3. 建物内の不用物を処理しておく

次の項目から、それぞれの準備内容を詳しく解説します。

【準備1】お盆前に不動産査定をしておく

お盆明けの不動産売却を検討しているなら、まずは不動産の価値やおおよその売却価格を知っておくとよいです。

売却価格を知っていれば、不動産売却の判断がスムーズにおこなえます。

また、お盆前から売却価格を知っておけば、家族間での話し合いで具体的な売却価格を伝えることで、同意を得られやすいでしょう。

そして、不動産の売却価格を知るには、不動産の査定を受ける必要があります。以下のフォームから、売却を検討している不動産の価値や価格を事前に調べておきましょう。

なお、売却価格に納得がいけば、そのまま不動産会社に売却相談することで、手間なく売却手続きを進められます。

一括査定の利用がおすすめ

不動産をより高値で売却するには、複数の不動産会社に査定依頼して、もっとも高い査定額を提示してくれる不動産会社を選ぶことが重要です。

しかし、数ある不動産会社に1社ずつ問い合わせていると、膨大な手間や時間がかかってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、不動産一括査定サイトです。

いちいち不動産会社を探す手間もかかりませんし、1番高く売却できる不動産会社が一目でわかります。

【準備2】家族と不動産売却について話し合っておく

不動産を売却するためには、家族と不動産売却について話し合っておくべきです。

家族の中に「売却したくない」と考える人がいれば、売却手続き中や売却後にトラブルになってしまうかもしれません。

そのため、お盆明けの不動産売却を検討しているなら、お盆中に家族間で納得いくまで話し合っておきましょう。

とはいえ、家族での話し合いがまとまるまでに時間がかかるケースも多いです。

「お盆明けには売却の話をまとめたい」と考えているなら、事前に不動産会社へ相談して方向性を決めてから、家族間で話し合うことをおすすめします。

他に所有している不動産がないかも聞くとよい

両親や祖父母と不動産売却について話し合う機会があるなら、他に所有している不動産がないかも聞いておくとよいでしょう。

とくに使用されていない不動産がある場合、その不動産の売却も検討するとよいかもしれません。

不動産は居住していなくても、所有しているだけで所有者に固定資産税や維持費がかかります。長年放置するより、早めに売却した方が節税にもなるため、お得といえます。

【準備3】建物内の不用物を処理しておく

お盆中に不動産を売却することが決まったら、休み明けすぐに売却手続きに移るため、不用な家具や家財の処理を進めましょう。

家を売却する場合、家具や家財が残ったままでは売れないのが原則です。売却前には必ず不用品を処理しておく必要があります。

また、不動産を売却する際は、内覧がおこなわれるケースもあります。内覧時に、不用物を片付けておくことで、購入希望者によい印象を持ってもらえるでしょう。

なお、不用な家具や家財が多い場合は、不用品回収会社に依頼してもよいです。

物がある家を売る 物がある家を売る方法!不用品は処分してから売却しよう

まとめ

不動産を売却するなら、お盆明けのタイミングがおすすめです。

お盆明けは、売りに出される物件が増え、不動産の需要も高まります。お盆明けに不動産を手放すことで、高くスムーズに売却できるでしょう。

また、お盆明けすぐに不動産売却するためには、お盆中もしくはお盆前からの売却準備が重要です。

例えば、あらかじめ売却価格を調べておけば、家族間での話し合いで具体的な売却価格を伝えることで、同意を得られやすいでしょう。

お盆明けの売却を検討しているなら、早めに査定を受けて不動産売却の準備をしておきましょう。

お盆明けの不動産売却でよくある質問

不動産はお盆明けに売るべき?

不動産を売るならお盆明けがおすすめです。お盆明けは不動産の需要が高まるため、高値で売却できる可能性が高いからです。

不動産はなぜお盆明けに売るとよい?

「不動産の価値が下がる前に手放せば高値で売却できる」「お盆明けは売りに出される物件が増え不動産の需要も高まる」といったメリットがあるため、不動産はお盆明けに売るとよいです。

お盆明けに不動産を売ると、いくらで売れる?

不動産がいくらで売れるかは、不動産の状況によって異なります。そのため、不動産の正確な売却価格を知りたいのであれば、不動産査定を受けることをおすすめします。とくに、お盆前に査定を受けることで、家族間での話し合いもまとまりやすくなるでしょう。

お盆中は不動産売却できないの?

お盆に入ると、多くの不動産会社が夏季休暇として休業します。また、不動産会社が利用しているシステムもお盆中は停止されるため、お盆中に不動産売却をすることは困難といえます。

お盆中は不動産売却に向けて何をすればいいの?

「お盆前に不動産査定をしておく」「家族と不動産売却について話し合っておく」「建物内の不用物を処理しておく」ことで、お盆開けからスムーズに不動産を売りだせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です