あなたの共有持分だけを売却できる!共有持分専門の買取業者はこちら>>

汚い家を掃除しても売却価格は変わらない?少しでも高く売却する方法

汚い家 売却

「汚い家を売却したいけど汚いから高く売れないかもしれない」

上記のように考えている人は多いのではないでしょうか?

じつは、汚い家でも売却価格を落とさずに、正しい対策をすることで売りやすくすることは可能です。

この記事では、不動産のプロとしての観点から、汚い家の売却価格の決まり方や、少しでも売却価格を上げる方法について解説します。

この記事を読めば、汚い家を売却する際に必要な知識が身につき、可能な限り高額で売れるようになるでしょう。

汚い家だと売却価格は下がる?

「家が汚いと売却価格に影響する」と思っている人も多いと思いますが、実際はどうなのでしょうか?

じつは、売却を依頼する不動産業者の種類によって、売却価格に影響があるかどうかが変わります。

まずは、不動産業者の種類によって異なる「汚い家の売却価格」について解説します。

買取業者に依頼すれば家が汚くても売却価格はほとんど下がらない

不動産業者のなかでも買取業者、とくに「訳あり物件」などを扱う業者に買取を依頼すれば、家が汚くても売却価格はほとんど下がりません。

買取業者は汚い家も現状のまま買い取るので、自分が清掃をおこなう費用も手間も必要ないのです。

買取業者なら汚い家でも売却価格が下がらない理由は、不動産の専門家なら家の綺麗な状態を想像して査定を決められるからです。

汚れやゴミなどで一時的に家が汚くなっていても、売買契約の成立後に買取業者や関連業者で清掃をおこない、綺麗な状態に戻せます。

買取業者に買取依頼をする場合は、自分で清掃をしても査定価格がほとんど変わらないため、その分の費用がむしろ無駄になってしまうかもしれません。

仲介業者に頼むと売却価格が下がる恐れがある

仲介業者を利用した場合、家が汚いと売却価格が下がることがあります。

仲介業者を利用は買主と売主の取引をつなぐ役割しかしないので、実際に購入するのは不動産会社ではなく一般の人がほとんどです。

不動産の専門家ではないため「家の綺麗な状態」を想像するのは難しく、現状の印象で買うか買わないかを決めます。家が汚ければ印象は悪くなり、需要が下がってしまうのです。

また、仲介業者が清掃の手配をする代わりに査定価格から清掃代が引かれたり、購入希望者のほうから値下げ交渉を申し込まれることもあるでしょう。

家が汚くても売却価格に影響がなければ清掃はいらない?

仲介業者を利用せず、買取業者へ売却する際には家が汚くても売却価格へは影響がないと解説しました。

では、売却価格に影響がないのであれば、家が汚くても清掃は必要ないのでしょうか?

汚い家の売却にあたって清掃が必要かどうかは「コストに見合った利益があるのか」を考える必要があります。

売却価格に直接影響がない場合でも、清掃やリフォームをするかどうかは、費用対効果を考えつつ検討することが大切です。

清掃することで売却先が増える

売却価格に直接的な影響がない場合でも清掃するメリットとして「買い取ってくれる業者が増える」ということがあげられます。

ひとくちに買取業者といっても、さまざまな業者があります。なかには「汚い家は取り扱いたくない」という買取業者もあるでしょう。

しかし、汚い家を清掃しておけば、買取業者にとっても売り出しやすい「優良物件」になります。買取をしてくれる業者も増えるでしょう。

ただし、すでに伝えたとおり「訳あり物件」などを取り扱う買取業者であれば、汚い家でも買取価格は下がらず、現状のままで買い取ります。

自分で清掃をおこなうのは、一度複数の買取業者に査定をしてもらい、どの買取業者でも値段がつかなかったときに検討するのがよいでしょう。

リフォームやハウスクリーニングは損する可能性がある

清掃はするのに越したことはないのですが、リフォームやハウスクリーニングは逆に損をする可能性があります。

とくに、リフォームは数百万円単位の金額がかかる上に、リフォームしたからといって必ず売却できるわけではないので注意が必要です。

買主としては「リフォームするのであれば自分自身で好きなようにやりたかった」という人も多いため、下手に自分で手を加えた結果、買主が見つかりにくくなる恐れがあります。

費用対効果の面でいえば、汚い家の売却時にリフォームすることはおすすめしません。

汚い家の売却価格を少しでも上げるためにやるべきこと

仲介業者を利用する場合でも、下記のような工夫をするだけでも売却価格を上げることが可能です。

  • 内覧前に清掃をする
  • 破損や劣化部分の修繕

上記の2つをおこなうことで、売却価格を上げられる可能性が高いです。

次の項目から「内覧前の清掃」と「破損や劣化部分の修繕」について詳しく解説します。

内覧前に清掃をする

清掃は、購入希望者が直接家を見に来る内覧の前におこなうのが大切です。まずは内覧の時点で物件を気に入ってもらう必要があります。

そのため、査定価格と同じかそれ以上に、購入希望者に「綺麗でよい家」という印象を与えることが大切です。

優先的に清掃する場所を知ることが大切

内覧前に清掃をするといっても、適当に清掃すればよいというわけではありません。購入希望者の印象をよくして売却価格を少しでも上げるためにも、優先的に清掃する場所を知っておきましょう。

優先的に清掃すべき場所は、下記の4箇所です。

  • 玄関
  • キッチンやトイレなどの水回り
  • リビングやベランダ
  • その他の共用部分
玄関

玄関は、家のなかで内覧者が一番はじめに目にする場所です。玄関が清掃されていないと第一印象が悪くなり、購入する意欲も下がってしまうため、優先的に清掃しましょう。

靴を棚に片付けたり、床を吹き上げるだけでも印象は大きく変わります。

キッチンやトイレなどの水回り

キッチンやトイレなどの水回りも優先して清掃をおこないましょう。水回りはカビなども発生しやすく、内覧者に不快感を与えてしまう可能性があります。

また、普段から料理をする人であれば水回りの汚れが気になります。シンクの水垢やコンロの油汚れも落としておきましょう。

リビングやベランダ

リビングについては清掃する人も多いと思いますが、床掃除だけでは少し足りません。生活感がある部屋を見せてしまうと悪い印象をもつ人もいるため、整理整頓を心がけましょう。

また、部屋のなかに気を使っても、意外と清掃し忘れてしまいがちな部分がベランダです。部屋が綺麗でもベランダが汚いと「内覧のために一時的に掃除しただけ」という印象をもたれてしまいます。

ベランダにこだわりをもっている人もいるため、物を減らしたり洗濯物をしまったりなどの対策をおこないましょう。

その他の共用部分

マンションやアパートなら、部屋周辺の共有部分も清掃をおこないましょう。内覧者は、部屋だけでなく共用部分も見ています。

そのため、部屋が気に入っても共用部分が汚いと物件全体としての印象が下がってしまいます。

完璧に清掃をする必要はありませんが、内覧者が不快に感じない程度には清掃しておくことが大切です。

破損・劣化部分の修繕

物件にひび割れやカビ、シロアリ被害などの破損や劣化があると、買取業者であっても売却価格が下がります。仲介業者を利用する場合も同様です。

ただし、これらの修繕費用は数十万円以上かかります。売却価格が多少下がっても、自分で修繕するよりそのまま売却したほうがよいケースもあります。

自分で修繕するか現状のまま売却するかで悩む場合は、まずは不動産業者と修繕業者の双方に査定をしてもらい、売却益と修繕費を比較・検討してみましょう。

内覧日当日に汚い家の印象をよくするコツ

汚い家では、内覧前の清掃だけでなく内覧日当日に少しでも印象をよくするコツがあります。

  • できるだけ物を減らす
  • 部屋を明るくする
  • 臭い対策をしておく
  • 内覧者が快適に過ごせるように準備する
  • 設備や周辺施設を説明できるようにする

内覧日当日は上記の5つを意識して対策をおこなうことで、部屋の印象をよくすることができるでしょう。

できるだけ物を減らす

内覧前の清掃とも少しかぶりますが、できるだけ物を減らして部屋全体をすっきりさせると印象をよくできます。

物があるだけで生活感を感じる上に、ゴミなどが溜まっているとどうしても汚く感じてしまいます。

そのため、内覧日当日は必要のない物やゴミは処分しておき、部屋全体をすっきりさせておきましょう。

部屋を明るくする

汚い家の印象を少しでも上げるためには、部屋自体を明るくしましょう。部屋を明るくするだけで、内覧者にとっては好印象となります。

カーテンを開けて採光をよくし、電気をつけて明るくしておきましょう。

内覧日当日は内覧者が来てから明るくするのではなく、内覧者が到着する前から明るさに気をつけましょう。購入希望者が約束の時間より早く、遠巻きに家の雰囲気を見に来るかもしれません。

臭い対策をしておく

内覧日当日は、臭い対策も十分におこないましょう。自分自身は臭いが気にならないとしても、外から来た人にとっては家の臭いが気になる恐れがあります。

換気をおこない、キッチンやトイレなど臭いがとくに気になりそうな場所には、消臭スプレーなどで対策することをおすすめします。

また、なかには消臭スプレーの香りを嫌がる人もいるので、無臭の消臭スプレーを使いましょう。

内覧者が快適に過ごせるように準備する

内覧日当日には、内覧者が快適に過ごせるように準備をおこないましょう。

具体的には、空調を使用してちょうどよい温度に部屋を保ったり、スリッパを用意して内覧者に少しでも不快感を与えないことが大切です。

少しの気遣いでも内覧者の好印象につながります。汚い家でも印象が上がり、高値で売却できる可能性も高くなるでしょう。

設備や周辺施設を説明できるようにする

家の設備や周辺施設についても、聞かれたときにすぐ答えられるよう事前に準備しておきましょう。

水回りや収納、空調など、家の設備に関してある程度の機能や特徴は調べておくことをおすすめします。マンションやアパートであれば、エレベーターや非常口など建物全体の設備も押さえておきましょう

また、商店街・公園・病院など周辺地域の施設についても、説明できるようにしておきましょう。

内覧者は「購入後にこの家でどんな生活を送れるか」「生活をする上で不便はないのか」という点を考えながら内覧をおこないます。そのため、できるだけ正確に情報を伝えましょう。

ただし、物件をよく見せようとしすぎて聞かれてもいないことを伝えすぎると、逆に相手の印象を下げてしまいます。

相手が求めている情報のみを伝えることが大切です。

まとめ

汚い家だと売却価格が変わるのかどうかや、少しでも売却価格を上げる方法について解説しました。

買取業者か仲介業者のどちらを利用するのかによっても対策は異なりますが、査定をするのも内覧をおこなうのも、どちらも人間です。

そのため、内覧者が不快に感じないように、対策できる部分は積極的に対策しましょう。

しっかりとした対策をおこなうことで印象をよくし、汚い家でもよりよい価格で売却できるでしょう。

汚い家の売却でよくある質問

家が汚いと売却価格も下がってしまうのでしょうか?

家が汚くても、買取業者、とくに訳あり物件などを取り扱う買取業者に買取依頼すれば、売却価格に影響はありません。一方、仲介業者に依頼する場合は、仲介業者が清掃の手配をする代わりに査定価格から清掃代が引かれたり、購入希望者のほうから値下げ交渉を申し込まれることもあるでしょう。

「買取業者なら売却価格に影響しない」ということであれば、自分で清掃する必要はないのでしょうか?

自分で清掃をおこなえば、家の買取を受け付けてくれる業者が増え、売却先の幅が広がるというメリットはあるでしょう。ただし、自分で清掃をおこなうかどうかは、一度複数の買取業者に査定をしてもらい、どの買取業者でも値段がつかなかったときの最終手段と考えるのがよいでしょう。

仲介業者に依頼する場合で、汚い家の売却価格を少しでも上げるためにできることはありますか?

購入希望者の印象をよくするために、内覧前に玄関や水回りなどの清掃をしておきましょう。また、整理整頓や臭い対策、設備や周辺施設を説明できるように準備しておくことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です