あなたの共有持分だけを売却できる!共有持分専門の買取業者はこちら>>

事故物件は「買取」がおすすめ!業者の選び方や買取の流れを紹介します

事故物件 買取

事故物件の売却を検討しているなら、買取業者の買取がおすすめです。

トラブルになりがちな事故物件の売買でも、買取業者に任せることで、スムーズに現金化できます。

このとき買取業者の中でも「訳あり物件を専門に取扱う」買取業者を選ぶべきです。

事故物件の扱いに不慣れな買取業者では、そもそも買取拒否されたり、安値で買い叩かれる恐れもあります。

事故物件の売却を検討しているなら、まずは以下のフォームから訳あり物件専門の買取業者へ相談してみましょう。

>>【無料相談実施中】訳あり物件専門の買取業者はこちら

事故物件は売れる?

事故物件とは、過去に自殺や他殺があったなど「心理的瑕疵がある」とされている物件のことです。

心理的瑕疵のせいでイメージが悪いため、事故物件は購入希望者がつきにくく、売れにくい傾向にあります。

しかし「事故物件はまったく売れない」わけではないので、ご安心ください。

次の項目で説明する「告知義務」を果たせば、事故物件を売却できます。

告知義務を果たすことで事故物件でも売れる

前の項目でも説明した通り、事故物件であっても、告知義務を果たすことで売却できます。

告知義務とは?
物件の取引時に買主が売主に対して、家の瑕疵や状態を事細かに説明する義務のこと。

例えば、過去に自殺があった物件を売却する場合は「過去に自殺があった」事実を、買主に隠さず伝える必要があります。

もしも「事故物件である」事実を隠して売却すると、損害賠償を請求されるケースもあるため、絶対にやめましょう。

なお、事故物件の告知義務に、告知内容や告知期間などは定められていません。告知義務が発生するかどうかは、ケースバイケースです。

そこで、事故物件を売るなら「訳あり物件専門の買取業者」の買取をおすすめします。訳あり物件の取扱いに詳しい買取業者であれば、事故物件の告知が必要かを見極めてくれます。

事故物件を買取業者に売却するメリット

事故物件を売却するには「事故物件である」事実を告知する義務があります。

ですが、事故物件に居住したいと考える人は少ないため、事故物件に購入希望者はなかなかつきにくいです。売却の交渉が進んでいたとしても、事故物件であることを伝えた結果、契約されないケースもあります。

そこで、事故物件の売却を検討しているなら「訳あり物件専門の買取業者」の買取がおすすめです。

訳あり物件専門の買取業者に売却すると、以下3つのメリットが得られます。

メリット

  • 最短数日で現金化できる
  • 近隣住民に知られずに売却できる
  • 契約不適合責任が免責されるためトラブルが起きづらい

訳あり物件専門の買取業者に売却することで得られるメリットについては、以下の記事も参考にしてみてください。

事故物件 買取 メリット・デメリット 事故物件の買取におけるメリット・デメリットとは?仲介業者と買取業者の違いも徹底比較!

事故物件の買取業者を選ぶポイントは?

事故物件を買い取ってもらうなら、できるだけ高値で売りたいものです。

しかし、事故物件の売却価格は一定ではなく、依頼する買取業者によって売却価格が大きく変わります。

また、悪徳業者にも注意が必要で、事故物件は価格が安いことを盾に、不当な価格での買取を強要される恐れもあります。

事故物件を高値で売るためには、買取業者の選び方が重要で、以下3つのポイントを満たしている買取業者へ依頼するとよいです。

  • 事故物件を専門に取扱っている
  • 事故物件の買取実績がある
  • 弁護士と提携している

これらの点を公式サイトやホームページから確認して、信頼できる買取業者なのか見極めましょう。

以下の記事でも、事故物件のおすすめ買取業者をランキング形式で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

事故物件 買取業者 【事故物件の買取業者おすすめ15選!】確実に!高く!早く!買取できる業者の選び方

事故物件を買取してもらう流れ

これまで説明した通り、事故物件を売るなら「訳あり物件専門の買取業者」の買取がおすすめです。

そして、事故物件を買取業者に買取してもらう際は、基本的に以下の流れで売却します。

売却の流れ

  1. 査定を依頼する
  2. 買取業者を選ぶ
  3. 買取業者から売却価格を提示される
  4. 売却価格に納得すれば売買契約を締結する
  5. 売却価格が入金され物件を引き渡す

まずはいくつかの買取業者へ査定を申込み、その中から「安心して任せられるか」「査定額・売却条件がよいか」を基準に、実際に依頼する買取業者を探しましょう。

次に、買取業者から査定額が提示されるので、売却価格や条件に納得がいけば、そのまま売買契約を締結しましょう。

最後に、売却価格の入金と物件の引き渡しが完了すれば、買取業者との取引はすべて終了となります。

訳あり物件専門の買取業者に売却する流れについては、以下の記事も参考にしてみてください。

事故物件 買取の流れ 【事故物件買取の流れ】売却時の業者選びや取引方法の違いも解説!

事故物件の買取価格は相場から2~5割程度安くなる

事故物件の相場は「通常物件から2~5割程度」下げられた価格が一般的だといわれています。

なぜ事故物件の価格が下がるのかというと、買主は事故物件に居住・利用することに対して、心理的な不安があるからです。

例えば、通常1,000万円で取引される物件が事故物件だった場合は、500万円〜800万円程度でしか取引されません。

ただし、事故物件の相場は一定ではなく、先ほどもお伝えした通り、依頼する買取業者によっても売却価格は変動します。

つまり、事故物件を高く売りたいなら、依頼する買取業者の選び方が重要なのです。

「心理的瑕疵」が強いほど査定額も安くなる

事故物件の査定額は、その物件の心理的瑕疵が強いほど安くなるのが一般的です。

例えば、殺人といった事件や、自殺などが起きた物件は、強い心理的瑕疵がある物件です。

一方で、事件性のない自然死や孤独死であれば、それほど心理的瑕疵は強くないと判断されます。

例えば、数年前に殺人事件が起きて、部屋内で住人が死亡した不動産Aがあったとします。

不動産Aは、事件が起きた不動産であることを理由に、500万円でしか取引されませんでした。

一方で、1人暮らしをしていた高齢者が孤独死してしまった不動産Bがあるとします。

不動産Bは、死亡してからすぐに発見されたこともあり、事件性がないと判断されました。

そのため、相場価格に近い1,000万円で取引されることに。

不動産Aも不動産Bも建物の間取りや立地などは、ほぼ同じでしたが「事故物件となった理由」に違いがあったため、売却価格も「500万円」の差がでました。

事故物件を売却する際は、心理的瑕疵の強さが売却価格に影響することを覚えておきましょう。

以下の記事では、事故物件の価格相場について詳しく解説しているので、売却を検討している際の参考にしてみてください。

事故物件 買取相場 事故物件の買取相場は2〜5割下がる傾向に!できるだけ価値を下げずに売却する方法について

事故物件を売却して利益がでたら譲渡所得税がかかる

事故物件を売却したことによって、利益が出た場合は「譲渡所得税」がかかります。

事故物件の売却益が大きいほど、譲渡所得税も多くかかりますが、譲渡所得がなければ、税金はかかりません。

譲渡所得は以下の式で求められます。

譲渡所得税 = 譲渡所得 × 税率

譲渡所得 = 事故物件の売却価格 – (取得費用 + 譲渡費用)

なお、この計算結果がマイナスになる場合は、税金が課せられません。

所得税率は「不動産の所有年数」で変化する

前の項目で説明した通り、譲渡所得税は「譲渡所得×税率」で求められます。

そして、税率は以下のように不動産の所有年数に応じて変わります。


所有年数 所得税率 住民税率
短期譲渡所得(所得5年以下) 所得税率30% 住民税率9%
長期譲渡所得(所得5年超) 所得税率15% 住民税率5%

つまり、不動産の所得から5年を超える場合は、低い税率で済みます。

また、所有年数は「前に所有していた人の所得年数」もそのまま引き継げます。

もし事故物件を相続した場合、被相続人の所有年数も含めて5年を超えるタイミングで売却すれば節税できることを覚えておきましょう。

まとめ

事故物件は買主がつきにくいため売れにくいですが、告知義務を果たすことで売却できます。

事故物件を売る場合は「訳あり物件専門の買取業者」がおすすめです。

訳あり物件専門の買取業者に売却することで、売却が困難な事故物件でも最短数日で現金化できます。

なお、買取業者を選ぶ際は、この記事で解説した3つのポイントを満たしている買取業者に売却するとよいでしょう。

事故物件の売却でよくある質問

事故物件でも売れるの?

確かに、購入希望者がつきにくいため、売却が困難です。しかし「事故物件はまったく売れない」わけではないので、安心してください。

事故物件はどこに売ればいいの?

事故物件を売るなら「訳あり物件専門の買取業者」の買取をおすすめします。訳あり物件専門の買取業者に任せることで、スムーズに現金化できます。

事故物件の買取業者はどう選ぶべき?

事故物件を売却する買取業者を選ぶには、さまざまなポイントを意識するとよいです。なかでも「事故物件を専門に取り扱っている」買取業者へ売却することが、最も重要だといえます。

事故物件の価格相場は?

事故物件の買取価格は相場から2~5割程度安くなった価格が一般的です。また、心理的瑕疵の強さが売却価格に影響することも覚えておきましょう。

事故物件を買取してもらう流れは?

「1.査定を依頼する」「2.買取業者を選ぶ」「3.買取業者から売却価格を提示される」「4.売却価格に納得すれば売買契約を締結する」「5.売却価格が入金され物件を引き渡す」といった流れで売却が完了します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です